ROUTE ENDネタバレ感想第1話【事件の特殊清掃をやっている現場から事件が!】

 

スポンサーリンク

 

 

1/4 23:59まで1冊まるごと無料で試し読み!
>>じっくり試し読み<<

まんが王国の無料からどうぞ

 

 

第1話 終わりの始まり

 

女子高生に「なんか臭くない?あの人から臭ってない?」

それに気づいた男性が「今すぐ携帯で『特殊清掃業』を検索しろ」

 

 

私も知らなかったので検索してみました。

特殊清掃業とは「事件、事故、 自殺等の変死現場や独居死、孤立死、孤独死により
遺体の発見が遅れ遺体の腐敗や腐乱によりダメージを受けた
室内の原状回復や原状復旧業務を指す」

 

 

なるほどそれは臭いも出てきます!!

それこそ特殊な職業ですから広く一般にまだ伝わっていないのかも・・・

頭の下がる仕事だと思います。

 

 

春野太慈(たじ)

10歳の時に母親が自殺をして

その時に思ったことが 「俺は母の生きる理由にはなれなかった」

 

 

女性には母性本能があり子供を守るのが本能として植え付けられている

それが途切れたんですから子供としてもショックは大きいと思います。

 

スポンサーリンク


 

バラバラに切断された遺体が発見され

バラバラになった部位を『END』と並べるEND事件が・・・

これで4件目

 

 

捜査が難航し容疑者を絞れてもいない

その事件の『特殊清掃業』を依頼され休みを返上して

行くことになった春野に橘浩二社長が

 

 

「会社の後継者だから!」

「18で来た時は死の世界から来たって思ったもんだ!」

「終わるんだ!」

 

 

社長が言ったこの言葉が春野には全く理解できませんでした。

おかしなことを言ってるなあ~ぐらいで!!

 

 

春野が行っている現場で床をはがしたら

床下から白骨が・・・!!

事件現場から事件です!!

 

 

その時点で橘社長とは連絡が取れず

春野が五十嵐刑事の相手をすることになり

 

 

会社に戻ったら橘社長が行ってるはずの現場から

来ていないという電話が入って

橘社長が行方不明になっていることが判明したんです。

 

 

END事件が起こり、白骨が発見されたアパートは

8年前にも心臓発作で亡くなった方が・・・

その時に床を張り替えてたのが橘浩二社長だったんです。

 

 

橘社長とまだ連絡が取れていない状態で

なぜ携帯に出ないのか出れない理由があるのか!?

それとも事件に巻き込まれているのか!?

 

 

読んでいるとどんどん引き込まれて面白いです。

1月4日まで1冊無料ですから・・・ぜひ読んでみてください!!

 

 

 

>>特殊清掃業の仕事をこちらから<<
ROUTE ENDを検索してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket