主婦から見たネタバレや感想のブログです。

漫画の面白さをネタバレや感想を書き込んで紹介しまーす!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃ネタバレ

君が僕らを悪魔と呼んだ頃ネタバレ4巻第33話【もう一人の悪魔を殺していた?】

投稿日:

スポンサーリンク

 

 

 

まんが王国で君が僕らをと検索して無料から読んでみてください。

   ↓ ↓ ↓

>>無料試し読み<<

 

 

悠介…悪魔の子と呼ばれていたが1年前から記憶喪失になり人が変わった

会澤…悪魔の子の悠介と親友。悠介を復讐者達から守る為の契約を延長

一ノ瀬明里…悠介が壮絶なイジメをし殺したと思っている女の子

・・・記憶を失くしてからの悠介の彼女。悠介の記憶を一緒に辿っている

 

 

第33

 

断片的に思い出されていた悠介の記憶が4巻ですべて繋がり

もう一人の悪魔の正体も分かったと同時に廃校舎に埋められていた男

の正体も分かりました。

 

 

もう一人の悪魔を殺した!

 

 

悠介は部活の野球のスパイクもユニフォームも脱ぎ捨て

明里は入学したばかりの高校の制服を捨てて2人の失踪が始まりました。

変装した2人は明里の「行きたい場所があるの」と寂れた港町へ

 

 

その港町まで一緒に記憶を取り戻すために付き合ってくれている

今の彼女の環にすべてのいきさつを話し始め

 

 

その町は明里が小さい頃、実の両親と暮らしていた町で

環が悠介と一緒で「嬉しかったと思うな一ノ瀬さん」と言うと

 

 

悠介は明里とは『加害者被害者』そこだけは決して覆らないって・・・

そして悠介が突然「どうしてあんなコトに どうして!!」

 

 

興奮した悠介を何があったのか聞いていた環の腕をガッと掴み

殺したんだあいつを 殺しちまったんだ もう一人の悪魔を」

 

 

記憶喪失になっても頭の脳裏にあった微かな記憶・・・血だらけのナイフ

を振りかざしている記憶がもう一人の悪魔を殺した時のものだったんです。

 

 

悠介は明里を殺したと思い込み死体を埋めたと思った廃校舎の花壇を掘り

起こすと出てきた男の死体が!!この死体がもう一人の悪魔!!

 

 

もう一人の悪魔に出会わなければ「どうなってたのかな?俺と一ノ瀬は」

幸せなフリして恋人ごっこ続けていたのかな?って

 

 

それを今の彼女の環に聞く!?未練があるように聞こえるよ!!

そんな事も考えられないくらい悠介は興奮していたのかも

 

 

悠介は殺人を犯していた!?殺したと思っていた明里は生きている!?

その明里はどこに!?まだだらけ・・・

 

 

 

>>君が僕らを<<と検索して

 ↓ ↓ ↓

>>君が僕らを悪魔と呼んだ頃<<を読んでみてください。

 

 

スポンサーリンク

-君が僕らを悪魔と呼んだ頃ネタバレ
-, , , , , ,

Copyright© 漫画の面白さをネタバレや感想を書き込んで紹介しまーす! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.